ITと高齢者について

高齢者の方々は自分達が若い時にITという言葉が無かったために、ITが苦手だというようなイメージがあります。
ですが、ITを活用できると高齢者の方々もかなり快適に生活ができるようになるでしょう。

例えば足が不自由な方だったら、某スーパーではインターネットで買い物をして届けてくれます。
それも、ある程度の金額になるとお店と同じ値段で送料無料で届けてくれます。
また、一人暮らしの高齢者の方々のサポートするのにもIT技術を活用することができます。朝何時までにポットにスイッチを入れないとアラームが医療施設に送信されたりと、一人暮らしの高齢者の孤独死を防止するための技術も開発され、実用化されています。

あまり遠くに出歩けなくてもスカイプ等を活用すると、相手の顔を見ながら話すこともできます。
高齢者こそITが必要なのではないかと思ってしまいます。

ただ、高齢者になると目が悪くなってくる人が多いですから、字の大きくて見やすい画面のPCや携帯電話が必要になります。
実際に、シニア向けの携帯やスマートフォンが発売されてかなりのヒット商品になっています。

パソコン教室のことを検索してみると、シニア向けのパソコン教室が多く、なかなか盛況なようです。
孫とメールやスカイプ等で会話したいと思っている高齢者の方々もかなり多く、その執念が難しい操作も覚えていくのだそうです。
引退して時間はたくさんありますから、上手に活用するとかなりスキルの高い高齢者もいるのだとか。
高齢者だからと言ってITが苦手と決めつけるのは良くないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です